意外と受けやすい!美容整形での顎のたるみ手術

レディ
  1. ホーム
  2. シリコンプロテーゼの知識

シリコンプロテーゼの知識

頬を触る人

シリコンプロテーゼは、顎形成手術とも呼ばれる整形手術です。プロテーゼを骨の上にいれることで顎のラインを作ることのできる手術です。顎のたるみを改善したい方や、バランスが良く若々しくみえるといわれるエステティックラインを作りたい方に人気です。このシリコンプロテーゼは、口の中からシリコンを挿入する手術なので、術後の傷跡が目立ちません。手術時間も30分程度で終わるので安心です。また、ヒアルロン酸注射などのプチ整形とは違い効果が半永久的に続くので、1度の整形で完璧なフェイスラインを手に入れ、顎のたるみを無くしたい方には最適な整形方法です。顎のたるみ整形の中では、特に人気の手術方法といえます。

シリコンプロテーゼは、まずプロテーゼの作成をするところから始まります。専門の医師と相談しながら、理想の顎のラインを決めて、イメージ通りになるようにシリコンプロテーゼのデザインをしていきます。基本的にコンピュータを使うことで幅広いデザインを考えることが可能です。プロテーゼのデザインと作成が終われば手術に移ります。手術は局部麻酔の注射が最初のステップです。局部麻酔の注射を痛がる人もいますが、麻酔クリームを先に塗ることで注射の痛みも大きく軽減することが可能です。局部麻酔をして麻酔が効き始めてきたらいよいよ手術開始です。口内にある粘膜を切開する粘膜切開という切開方法を使って口内を切開します。そしてその切開部分からプロテーゼを挿入します。プロテーゼは、骨膜下という部分に上手く入れなければなりません。骨膜下からずれてしまうと、プロテーゼが不安定になる恐れがあります。ここで医師の技術力と経験が試されます。プロテーゼを上手く挿入できれば、あとは切開部分を縫合して手術は終了です。手術後は腫れが出ますが必ず引くので心配はいりません。

プロテーゼは顎のたるみを解消するには非常に効果的な整形方法ですが、手術を受ける前に知っておきたい注意点もあります。一番の注意点は、術後の腫れについてです。プロテーゼ手術を受けた後は、顎のたるみはすぐに解決しますが、腫れが出てきてしまいます。この腫れは、3日間ほどは目立ってしまうのでプロテーゼ手術を受けるときは、学校や仕事であらかじめ数日間の休みをとっておくようにしましょう。また、完全に腫れがひきはじめ自然な見栄えになるのには、3ヶ月以上かかる場合がほとんどです。そのことも念頭に置いて受ける必要があります。プロテーゼ手術は他の顎のたるみ改善手術と比べても医師の技術力で術後の腫れや出来栄えが変わる整形方法です。技術力が高く信頼できる医師を慎重に選ぶようにしましょう。