意外と受けやすい!美容整形での顎のたるみ手術

レディ
  1. ホーム
  2. 脂肪吸引で顎のたるみ改善

脂肪吸引で顎のたるみ改善

ドクター

顎のたるみは、脂肪が原因で引き起こるケースが多くあります。顎にたまってしまった脂肪は、二重あごにもなってしまいます。ボディは脂肪がたまりにくくても顎に脂肪がたまりやすい体質の方は多く、そういった方はダイエットをしても顔の見た目が変わらずに悩んでしまいます。ボディは痩せていても、顎がたるんでしまうとそれだけで太った印象に見られてしまうことも少なくはありません。そんな方に人気の整形方法が「脂肪吸引」です。脂肪吸引はその名の通り、顎や頬の脂肪を吸引して、たるみや二重あごを解消する整形手術です。脂肪吸引は、極細のカニューレを使って脂肪を吸い上げます。傷跡が少しできてしまうので、耳たぶの裏や顎の下など目立たない場所からカニューレを挿入する施術です。脂肪吸引をすることで、逆に顎にたるみができてしまうのではないかという疑問を持つ方もいますが、皮膚がたるまないようにゆっくりと脂肪を取り除いていくので、その心配はありません。

脂肪吸引手術は、始めに脂肪を吸引する部位全体に効くように麻酔を打ちます。麻酔を打つことで手術中の痛みは感じなくなります。次に、脂肪吸引するために目立たない場所を切開します。顎の下の切開が一般的で、手術直後も正面から見て傷跡が目立ちません。また、傷跡は数ミリなので、下から見てもほとんど気になりません。切開をしたところからカニューレを挿入します。カニューレを挿入して、脂肪吸引に寄る顎のたるみが出ないように丁寧に脂肪を吸引していきます。脂肪の吸引が終わると傷口を縫合して手術が終了します。手術の時間は、30分程度が目安です。長い時間かからないので、忙しい方でも気軽に受けることが可能です。手術直後は、顔の腫れが目立ちます。手術後1日目から3日目までは、手術前よりも顔の腫れが目立ってしまうので、手術を受ける日を決めるときは手術後に仕事などの用事が入らないタイミングを選ぶと良いでしょう。3日目からは大きな腫れが治まってきますが、1週間目までは顔がむくんでいる程度の腫れがあります。1週間後以降は、ほとんど腫れが気にならない程度になり2週間後、3週間後と時間が経つごとに手術の効果を実感することができるでしょう。

脂肪吸引は、脂肪を吸引する手術です。そのため、そもそも顎に脂肪がない人がやっても効果を実感できません。効果を実感できないどころか無理に脂肪を吸引してしまうと皮膚にたるみができてしまう恐れもあります。顎のたるみが気になる方は、そのたるみの原因が、脂肪の影響なのか皮膚がのびているだけなのか、顎の骨の影響なのかという点をしっかり確認しておかなければなりません。